おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

IMG_0983.JPG

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日の休診は、東京での勉強会でしたが

10名ほど患者様の来院があり

ご迷惑をおかけしました。

本当に申し訳ありませんでした。

ですが、勉強したことは必ず患者様に還元していきますね!!

 

一足先に勉強した内容を少しお伝えさせていただきますね。

 

前回のブログでも書かせていただいた

恐ろしい野球肘「離断性骨軟骨炎」の発生要因についてです。

前回の記事はこちら↓

https://yotsuya89.com/archives/1925

 

発生要因

 

今までは

投げ過ぎで発生する

投げ方が悪い から

という考え方でしたが、最新のスポーツ医学では

あまり関係ない ということです

 

私も今まで診てきた離断性骨軟骨炎の野球選手は

意外と投げ方がきれいな選手もいるし

投球過多でない選手にも発生している印象でした。

 

この事実は、野球指導者の方達は今までの苦難・苦労から

救われるのではないでしょうか??

少なくとも指導者さんが投げさせ過ぎ・フォームの指導不足で

この離断性骨軟骨炎が発生要因の主ではないのです。

 

この考えを私は、今まで相談を受けていた指導者さんに伝える義務がある

と思います。

 

これから内容をまとめて

来年からのチーム訪問にてこの情報を詳しくお伝えしていきますね。

 

では何が発生要因なのか?

 

本当の発生要因

遺伝的な要素が大いに関係している

ということで今は結論づけられているようです。

 

詳しくは次回、書かせていただきますね。