おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

 

fujimotoFB

 

 

本日は、、、

小学生や中学生の

スポーツ選手に多い「オスグット病」についてお話したいと思います。

下記の図をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-7-19-54

膝を真横から写した模式図になります。

オスグットとは

太ももの全面を覆う大腿四頭筋という筋肉が

筋疲労や急激な筋収縮により

過剰なストレスがかかった時に

筋肉の端っこの付着部である

お皿の下の部分、つまりすねの骨に負担が集中し、

剥離骨折のような怪我を発するもの言います。

 

unspecified

 

この選手の左側のお皿の下あたりが膨らんでいるのが

わかりますか?

オスグットは、この下部分が膨れ上がり、触ると反射で飛び上がるほどの

痛みが出現します。

骨折と聞けば、当然ものすごく痛いというのは想像できると思います。

 

痛みが出ると当然周りの筋肉は固くなり

治療をしてもすぐには治らないことが多く

再発もしやすいという特徴があります。

 

であれば、やはり予防!!

 

簡単な予防方法は、

「屈伸運動」

 

屈伸運動をした時に、特に膝を強く曲げた時に

膝に違和感がないかを集中して確認をして見てください。

 

強い痛みの前に必ず違和感が出ています。

これに気づけば、自分でケアをするなり

当院へご相談していただければ、ひどくならずに

完治すること間違いありません。

オスグットに苦しまず、好きなスポーツを好きなだけやりましょう。

 

オスグットに関しての質問はこちら↓

https://yotsuya89.com/contact