おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

IMG_0982.JPG

 

本日は、野球肘のお話。

みなさん、離断性骨軟骨炎という病気を知っていますか?

 

子どもたちの肘や膝に起こる骨の病気です。

様々な要因で、骨の壊死(栄養障害により正しく骨が成長しない)

により、正常な大人の関節に成長しない。

 

これにより骨の成長が終了した高校でのスポーツに著しく

障害をきたします。

 

私の知っている方も

高校入学時に90mほどボールを投げられた選手が

50mしか投げられなくなり

大人になった今では、肘の曲げ伸ばしが不十分で

力仕事をすると、すぐに肘が痛くなってしまう方がいます。

 

こんな後遺症を残す病気が

離断性骨軟骨炎という病気です。

 

この病気は、実は小学5年生から中学1年生くらいまでの間(成長段階による)

で発症し、しかもほとんどの場合

無症状(症状が出ない)のまま、悪化していきます。

%e8%82%98

 

私自身、四ツ谷接骨院を開業して

20〜30名の離断生骨軟骨炎のスポーツ選手を診てきました。

私が接骨院で患者様の治療をする中で、この病気ほど

答えの出ない難しい病気はないと感じています。

 

今現在、来院されている患者様を少しご紹介させていただきます。

2016-12-12-20-35-05

 

上向きで寝た時に肘が伸びていないのがわかります。

2016-12-12-20-33-20

 

肘を伸ばしてと指示を出しても完全には肘が伸びません(右肘)

2016-12-12-20-33-26

 

肘を曲げてと指示を出しても完全には肘が曲がりません(右肘)

 

この選手の場合、

肘の痛みが全く出ていません。

今回、肩が痛いと言って来院されたのを

肘を見てみようかと言って疑念を持ち

整形外科へ対診し、離断性骨軟骨炎と診断がつきました。

 

痛くないのに投げられない

 

これが野球選手にとって最大にして最上の苦しみです。

明日から少しずつ

この離断性骨軟骨炎について

詳しく説明していきますね!!!!

ご興味のある方は是非とも毎日確認してくださいね!!

 

野球選手を持つ親御さんで

お子さんの肘が心配な方は無料相談もございますので

是非ともご活用してください↓

https://yotsuya89.com/contact