おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

fujimotoFB

 

本日は、患者様からよく質問されること!!

「サポーター・コルセットっていいの?悪いの?」

freesupporter_am_02

 

この質問に対して、お話をさせていただきます。

 

基本的な考え方として

サポーターの作用とは、

①患部の保護(弱い固定)

②圧迫

③保温

などがあります。

今は、種類も様々でいろんな用途によって使い分ける事をします。

 

接骨院に来院される方の多くは

痛みを何とか緩和させたいとの思いで

サポーターを求めることが多いかと思いますが、

サポーターやコルセットをしてしまうと

アクティブな動き(激しい動き)には適しておりません。

 

患部の保護と圧迫をすればより安静状態になります。

 

したがって私の考えでは、

スポーツ復帰の1週間くらいはサポーターやコルセットを

勧めることがありますが、長期の着用にはあまり賛成できません。

 

スポーツ復帰1週間を超えると

少しずつ動きがアクティブになっていき

例えば、足首のサポーターをしたまま激しく動くと

代償的に膝や他の関節でカバーし、

二時的な痛みの発症率が非常に高くなってきます。

l_020

サポーターも適材適所。

これまたバランスです。

037-balance_free_image

 

正しくサポーターやコルセットと付き合うには、

今の身体の状態と生活の状況(スポーツ動作)を把握 し、

着用しなければ、逆効果になる場合もあります。

 

着用をためらっている方は是非ともご相談ください!!

https://yotsuya89.com/contact