おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

IMG_3604

 

高校野球で残念ながら敗戦してしまった

当院の患者様が治療のお礼に挨拶に来られました。

 

彼は、夏の高校野球初戦、2週間前にひどい捻挫をし

試合出場を諦めかけ、当院へ受診されました。

 

彼の足を見た瞬間、

「これは厳しいな〜」っていうのが

本音でした。

 

すぐに、信頼できる整形外科へ診てもらい

診断が確定。

何とか試合出場できるように

当院で治療させていただきました。

2017-03-30 18.10.17

 

はじめは試行錯誤でしたが、彼の頑張りもあり、

試合2日前に何とか出場の

見通しができ、見事試合に出場することができました。

 

残念ながら試合には敗戦してしまいましたが、

試合後の彼からのLINEがとても印象的でした。

「最善の準備はできず、残念ながら敗けてしまったけど

投げることができて楽しかった。サポートありがとうございました」

 

時代が変われど、高校野球をやっている子は

皆、野球小僧です。

好きだから辛い練習に耐え、

好きな野球を思い切りしたいから時間のない中でも治療に通う。

本当に野球が好きなんだと感じました。

IMG_2687

少なからず野球に携わる社会人として

野球の楽しさや感動、もちろん辛さを

少年野球選手や少年野球選手を持つご両親に伝えていきたいと

改めて感じました。

 

そこで

本日は、毎月行っている

野球選手のための無料定期セミナーのお知らせです。

syounenyakyubanaa

今回のテーマは、

今まで3000人以上の野球選手を治療・指導し、

地域の少年野球選手の成長を5年間見続けている経験から

 

「医療側から見た

中学・高校野球で活躍するために必要な能力」

 

・少年野球で活躍している選手でも高校野球ではなかなか試合に出られない

・逆に少年野球で補欠でも、高校野球でエースピッチャー(Max140キロ超)へ成長

・キャッチボールもままならず、よく肩肘を痛めていた選手が

半年後の公式試合でピッチャー登板できた

・怪我をしない選手、大怪我をしない選手、怪我が長引かない選手の特徴とは?

 

以上のことを中心に

お話させていただきます。

 

セミナー講師

fujimotoFB

 

四ツ谷接骨院院長 藤本 顕久

日時

7月19日 19時から20時

対象

少年野球選手を持つご両親、指導者

定員

10名(お申し込み具合により変更あり)

申し込み

下記からお申し込みください

https://yotsuya89.com/h27-7teikisemina