おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

fujimotoFB

本日の朝の冷え込みは

一桁台に突入しました。

昨日は、高校野球の現場指導でしたが、風も強かったため

真冬状態でした。

今の季節は、温度差もあるため
その時の気候により練習メニューを変化させることが非常に重要になってきます。

(この時期に適切な練習メニューを知りたい方は

野球メルマガで今週末にお届けしますので

購読されてない方はご登録していただくようよろしくお願いします。

購読料はもちろん無料です。)

メルマガ登録はこちら

https://yotsuya89.com/yakyuumerumaga

 

寒い時にはやはり筋肉や腱の痛みを発しやすいので

きちんとウォーミングアップをしてからスポーツを楽しみましょうね!!

 

昨日は、ある衝撃の出会いがありました。

その方と小一時間お話しさせていただきましたが、私自身とてもその方の意見に

共感できることが多く、また学ばせてもらうことが多々ありました。

その中で感じたことをお話したいと思います。

 

医療サービスというのは基本的に「病気を治す」ことですが、

患者様の生活を知ると、それだけではないということが多々あります。

 

見守りやたとえ治せなくても(医学には限界がある)

私たちの存在意義を示す方法はいくつもあります。

 

例えば、よくあるのが私が得意としている野球選手の怪我の対応。

当院へ来院する野球選手のほとんどが

痛くてもただやみくもにプレーを続行するか

痛み=プレー中止

の2極化しております。

 

これは、10〜20年前の医療と何ら変わってないと感じます。

 

学生時代スポーツを謳歌した方であればわかると思いますが、

痛みが出たとしても、少し運動を続ければ練習後または数日後

痛みがなくなることがあります。

私は、いろんな痛みを経験することで

プレーし続けて良い怪我と休まないといけない怪我を

身体で熟知していたと思います。

合言葉は「無理は大いに結構!でも無茶なことはするな!!」

無理は「道理を欠くこと」

無茶は「デタラメで、乱暴」

 

yakyuhizi

要は、痛みや身体が辛い時にプレーするか否かの選択を決定する所以は

自分の身体の中での道理がきちんと通っていれば良い!何も考えずに判断するのはダメ!!

 

これに尽きると思います。

医師・接骨院の先生・整体の先生から言われたことは一つの意見として捉え

監督やコーチからのアドバイスもまた一つの意見であります。

これを踏まえ、選手自身が自分の身体と相談し(少年野球では親御さんと相談もあるでしょう)

自分自身で決めるしかありません。

 

よって、私は院内において

「選手に自分の痛みを考えさせる」ように努力をしています。

当然力づくでは無理なので

工夫が必要なわけですが・・・

この「考えさせる」に良いヒントを昨日の出会いが教えてくれました。

 

これについては、また次回お話したいと思います。

この内容についての質問や素朴な野球の怪我に対しての

質問は24時間メールにて受付しております。

下記からどうぞ!!(藤本宛て でお願いします)

https://yotsuya89.com/contact