おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

fujimotoFB

時が過ぎるのも早いですね。

今週が終われば、11月に入ります。

高校野球・大学野球・プロ野球は12月~2月までは基本的に対外試合禁止の期間になり

冬季練習へと移行します。

少年野球も一部を除いて試合数も減少していきます。

 

冬季練習といえば「走り込み」

冬に身体作りに時間を割くチームも多いのではないでしょうか?

 

四ツ谷接骨院では、毎年この時期になると

野球選手の痛む場所が変化していきます。

 

投げること・打つことの多い夏の時期は

圧倒的に「肩・肘」の障害が多いですが、

11月から「腰から下半身」の障害が増加していきます。

 

代表的なものとして

かかとの痛み

すねの痛み

肉離れ

腰痛

などなど。

 

そんな痛みを出さないように

今年の夏から当院では全選手の 全身柔軟性チェックを導入 しています。

何気なくやっていることなので、選手達は気づいてないかもしれませんが

昨年との違いが出てくるか楽しみですね。

もちろん投球障害予防として行っている項目でも

ありますが、きっと効果が出てくると思います。

まさに一石二鳥ですね!!(笑)

 

冬の時期にいつも怪我をしてしまう方

野球肘・野球肩を再発しまう方

まずはご相談ください

ご相談はこちら↓

https://yotsuya89.com/contact