こんにちは。

四ツ谷治療院 高橋です。

 

IMG_0689-0.jpg

なぜ骨盤が歪んでしまうのか・・・
産後のケアとはどのようなものなのか・・・
なぜ必要なのか・・・

ということに

本日は注目していきたいと思います。

 

誰でも妊娠中には骨盤が歪んでしまいます。

歪んだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら

ゆっくりと元の正常な位置に戻ろうとしますが

妊娠中に体のバランスが崩れていると

正常な位置に戻りづらくなってします。

 

また、患者様からのお話から…

授乳の際の横座りや猫背椅子での足組みが増えた

と多く耳にします。

 

骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと

骨盤周辺の血流が悪くなり

脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため

太りやすくもなります。

そして多くの方が悩まれるのが

産後に下腹が出て妊娠前の服が入らなくなってしまうこと。

逆を考えると、骨盤が正しい位置に戻ると

内蔵も正常な位置で機能し、栄養素の吸収が良くなります。

また、血行が良くなることで基礎代謝も上がり

痩せやすい体になるということです。

写真 2015-10-14 12 28 34

妊娠中は、自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るために

どんな女性でも脂肪がついてふっくらとしてきます。

一人の女性として

体型が変わってしまうことに抵抗があるのは

当たり前だと思います。

その女性ならではの

悩みを解消するためのお手伝いを

四ツ谷治療院では行っております。

お気軽にご相談ください。

 

https://yotsuya89.com/contact