おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

fujimotoFB

 

 

スタッフが院の花壇の

花を植え替えてくれました。

img_2951

 

冬はやはりパンジーです。

さて、本日は昨日の続きです。

昨日のブログをご覧になってない方はこちら↓

「交通事故に遭わないための豆知識1」

https://yotsuya89.com/archives/4361

 

交通事故に遭わないためにどうすれば良いか?

 

交通事故のニュースを見ていると

飲酒運転での事故は問題外ですが、

高齢者の事故は特に「操作ミス」がほとんどだそうです。

高齢者の操作ミスが成人者より多くなるのは、身体が衰えていく分

仕方のないことです。

むち打ち

 

だったら高齢者は車に乗らなきゃ交通事故は減るのではないか?という考え方もありますが

それでは、高齢者の方の社会生活が成り立たなくなります。

 

特に豊川市では、車社会なので80歳になっても

車を手放したくないと思います。

 

もっと前向きに

安全運転が維持できる方法を模索する必要があるのだと思います。

 

この内容について私なりに考えました。

 

まず大きく2つに大別すると分かりやすいと思います。

加害者にならないための注意点(車・自転車)

被害者にならないための注意点(車・自転車・歩行者)

です。

車や自転車を運転していれば

必ず被害者になることもあれば、加害者にだってなることがあります。

 

双方の立場にならないために

双方の注意点をしっかり理解をしておく必要があります。

次回は、まず大切な加害者にならないための注意点について

詳しくお話させていただきたいと思います。

 

交通事故に関しての質問はこちら↓(24時間対応)

https://yotsuya89.com/contact

 

四ツ谷接骨院の交通事故専用治療ページ

https://yotsuya89.com/mazuhazimeni