こんばんは。

四ツ谷接骨院の安藤です。

staff03

本日は、野球選手にも意外と多い

「有痛性外脛骨」についてお話させていただきます。

 

外脛骨というのは

後脛骨筋が付着する舟状骨(しゅうじょうこつ)の外側にできる種子骨(しゅしこつ)

の部分に痛みが出ることで起こります。痛みがない場合は、無痛性外脛骨といいます。

2016-11-11-17-26-49

今現在、通院中の患者様。

右足の内側の腫れがこの画像にて確認できると思います。

有痛性外脛骨なんて聞いたことがない、という人がほとんどだと思いますが、

外脛骨自体はそれほど珍しいものでもなく、15%から20%ということなので、

およそ5人に1人から7人に1人くらいの割合で見られるそうです。

 

これが、足首の捻挫や練習量の増加により

痛みとして出現する場合があります。

 

痛みが取れない場合は、手術で外脛骨を除去することもあります。

当院でも2名の方が今年手術をしました。

結果、痛みは取れましたが

手術というのは嫌なものですよね!!

 

手術せずに治すために

当院で取り組んでいる治療法やエクササイズを次回

投稿させていただきますね!!

 

足部の痛みに関しての質問はこちら↓(24時間対応)

https://yotsuya89.com/contact