おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

スクリーンショット 2017-03-02 21.12.36

 

野球肘を考える会についてのご連絡です。

 

今のところ10名程度の参加申し込みをいただいております。

ありがとうございます。

lgi01a201411280200

 

野球肘をなくすために・・・

 野球肘をなくすために必要なことは何でしょうか???

正しい診断???

治療???

柔軟性???

身体作り???

ウォーミングアップ???

ケア???

野球肘の知識???

正しい投球動作???

栄養???

その他もろもろ・・・

 

多くの野球選手をみてきた私の考えは

全て

です。

 

ブログを読まれて方は「何だよ!!」

ですよね・・・

しかしながら現状ではこう考えております。

 

ではどうしたら良いか???

異職種連携

111-free-wooden

 

介護の業界で最近よく聞かれる言葉ですが、

この考え方が少年野球における野球肘の問題を解決する

鍵を握っているのではないかと考えております。

事実・・・

医療従事者が、野球選手を持つご両親の気持ちを分かっているのでしょうか?

また、指導者の気持ちも指導者しかわかりません。

逆に医療従事者の気持ちも医療従事者にしかわかりません。

 

大切なのは、顔が見える関係で

愚痴でも戯言でも何でも良いからそれぞれの思いを言い合うことだと思います。

 

保護者

指導者

チームの代表

医療従事者

審判など

 

いろんな野球に関わる方の気持ちの発信と受信が滞りなく行える場を作り、

それぞれの立場を尊重し、分かち合い、野球選手のためのより良い環境を

みんなで作る!!

結局は妥協点を探りながら

豊川市で作りあげるしかないと考えております。

2017270215

そのための第一弾として今回

「野球肘を考える会」を開催させていただきたいと思っております。

今週末には参加申し込みを終了し、

来週には参加する方へ、最低限の野球肘の知識を動画で配信したいと

考えております。

 

申し込みを希望される方はこちら↓

https://yotsuya89.com/h29-11-15fomu

 

PS  今日まで職場体験で中学生が当院で働いてくれました。

IMG_3967

彼もまた過去に野球肘を経験したことがあり、

肘が痛い患者様に肘の電気をつけながら

何を思ったのか???

子どもの立場で意見を真摯に聞くことができました。