おはようございます。

豊川市四ツ谷接骨院の藤本です。

本日、今年の夏の高校野球甲子園大会の開催に関して

高野連の理事会が開催されるようです。

四ツ谷接骨院では甲子園を目指す高校球児をはじめ

未来の高校球児も来院されているため、とても気になるところです。

コロナウイルス感染拡大を受けて、春の選抜高校野球は中止となりました。

一時は変わりになる大会の設置など検討するとの報道が出ておりましたが

夏の高校野球も中止となると、それどころではないかも知れません。

これに関していろんなご意見があるかと思いますが、

開催になっても中止になっても、最優先なのは高校球児の心身のケアだと

思います。

開催の場合

移動前にPCR検査?宿舎は個室?食事は班分け?

ベンチではマスク着用?ベンチに帰ってきたら手洗い・うがい?

ハイタッチなし?無観客か?応援は?家族は?

などなど

高校球児の健康を守るための感染予防の取り決めが厳しくなり、

どちらにしても野球の集中するような環境整備は難しいような気がします。

もちろん2ヶ月以上野球をやっていない県もあるのでコンディションを整える

のも容易ではありません。

中止の場合

高校球児の心のケアが絶対必須となります。もちろん高校球児を支える家族を

はじめ指導者や高校野球ファンの方も非常に落胆されることでしょう。

私のその一人・・・。

高校球児にとって進路もそうですが、人生が変わると言っても過言ではない

と思います。もちろんボジティブに変わるかネガティブになるかは本人次第に

なることは当然ですが・・・。

どちらにしてもコロナウイルスが終息した後に、日本を世界を支えていくのは

若者たちです。そんな若者たちに希望ある未来となるように大人の最後まで諦め

ない姿勢や決定後の行動が大切かと思います。

高校野球を批判するような報道やネットでのコメントも出ておりますが、

誰のせいでもないので、高校球児に対する心身の影響も鑑みて

あまり過剰な発言や言動は謹んでいただきたいと思っております。

私は、「無念」

その一言だけ。