おはようございます。

四ツ谷接骨院の藤本です。

IMG_0982.JPG

9月も今週で終わりますね!!

今年も残り3ヶ月を残すのみとなりました。

まだ日中は暑い気がしますが、夕方の6時になると外は真っ暗になるほどです。

 

小学生や中学生は、早めに自宅へ帰るようにしましょうね。

私が、小学生・中学生を診ていて思うことを本日は、投稿させていただきますね!!

 

「強く生きる」

 

痛みは脳で感じる!!

脳で感じた痛みは、不安や恐怖と直結するようになっている!!

これは、下等動物たちも同じです。

犬や猫が痛みを感じた行動を何度も繰り返さない

痛みの記憶が不安や恐怖を感じさせ、行動を拒否させる!!

 

11102665-body-ache-pain-backache-headache-people-pictogram-stock-photo

 

むしろこのような現象は本能と言えます。

ただ人間は、本能+考える脳を獲得し、いろんな状況に耐えうる

能力を身につけました。

 

同じ目的を遂行するとして

痛みがあっても、なるべく痛みが出にくい行動を探り、選択します。

これは、人間の獲得した思考能力を活用して行われるものですが、

ただ度が過ぎると、この生きるために必要なメカニズムが

異変を生じ、昔痛めた行動をイメージするだけで

不安や恐怖を感じたり、感じることで行動が制限

もっと言うと「やりたいくない」という感情が生まれます。

 

これが好きだったスポーツが嫌いになる一つのメカニズムだと感じます。

 

これは、理屈ではなく言葉で行動が変わるという「なまやさしい」ものではありまん。

 

子どもは楽しいことは続け、嫌なことは止めます。

嫌なことでもその壁を超えた経験や想像ができ、喜びのイメージをすれば

続けます。

 

これが、教育であり信頼が教育の第一歩であると思います。

 

子どもたちがスポーツ(あえていうならば行動全般)を通して

強く生きれる力を育めるよう接していきたいと思います。

 

 痛みについてのふとした悩みも相談していただければお答えいたします。

https://yotsuya89.com/contact