こんにちは。

四ッ谷治療院 高橋です。

高橋さん治療

わたしは、あまり野球に詳しくはないのですが

昨日の日本シリーズの試合は盛り上がりましたね!!

ちょうどテレビを付けたら、8回表、”4-4”のとてもいい場面。

(野球ファンの方々、すみません。)

ヒットからの気付けば満塁。

そしてきれいな満塁ホームラン!!!

テレビの前で思わず声が出てしまいました。

どっちを応援するというわけでもありませんでしたが、

最後まで決して諦めない両チームの選手の姿に感動しました。

%e6%97%a5%e3%83%8f%e3%83%a0

 

前回、思春期でも起こる女性ホルモンと

それに関係する症状について紹介をさせていただきました。

https://yotsuya89.com/archives/4214

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、

妊娠や生理と密接にかかわっています。

思春期でも、分泌の状態によっては、重たいPMS(月経前症候群)が現れたり

将来、不妊症になることも十分に考えられます。

なのでわたしは、若いうちから関心を持ち

ホルモンバランスを保つのは、とても大切なことだと思います。

生理前に不調を感じていませんか?

生理の1週間くらい前になると決まって体調が悪くなったり、

気分が落ち込む・イライラするといった症状を月経前症候群(PMS)といいます。

身体的な症状は、むくみ、だるさ、ほてり、頭痛、頭が重い感じ、便秘、お腹や胸の張り感など。

精神的な症状は、イライラ、気分の落ち込み、涙が出る、集中力や判断力の低下、不安感などがあります。

さらに、お肌のトラブル(ニキビなど)、喘息やアトピー…、

人によって様々な症状が起こります。

s_Fotolia_40471281_XS

 

症状の強さもかなり個人差があり、

日常生活に支障をきたすほど症状が出てしまう方もいれば、ほとんど感じない方もいます。

ここで大切なのは女性ホルモンのバランスです。

実はこれだけ様々な症状を引き起こしている物質は、

女性ホルモン・プロゲステロンです。

排卵前までは心と体は女性ホルモン・エストロゲンにより安定していたのですが、

排卵を迎えた後の黄体期には、段々とエストロゲンが減り

プロゲステロンが増えていくため、

様々な不快な症状が出てしまうというわけです。

 

このホルモンは女性にとってとても必要なもので

切り離すことは出来ません。

thCV3UV46B

PMSにも様々なタイプがありますが、

一人で我慢し悩むことは、身体にもいいことではありません。

学校やそれ勉強のストレスに加えて

不安や心配事へのストレスになっている場合もあります。

 

まずは、気軽に相談できる方に話してみてはどうですか?

直接話すことはちょっと…

という方は、メールでの相談・問い合わせも受け付けておりますので

お気軽にご利用ください。

 

me-rutoiawase