おはようございます。

四ツ谷接骨院の山口です。

IMG_3242

 

当院の往診治療(訪問マッサージ・訪問鍼灸)を任せていただいております。

本日は、往診治療の当院における理念をお話したいと思います。

 

家や施設へ訪問し、治療する

ということは

①足が悪く、自分での通院は困難(寝たきり・外へ出られない)

②痛みや身体機能の低下が見られる

ことが大前提になります。

 

寝たきり、室内での生活のみで活動量が低くても

痛みに苦しむ患者様は非常に多く存在します。

 

例えば、活動量が低下している患者様ほど

軽微な外力で痛みを発症します。

 

①くしゃみで肋骨を骨折した

②寝ながら不意に頭の上にあるティッシュを取ろうと

手を挙げた時に肩を痛めた(腱板断裂)

③寝返りをした時に、腰に激痛が走った

 

などよく患者様から聞くお話です。

 

この痛みを我慢していると

活動量の低い患者様は、急速に症状が進行していき

症状も固定していき、後遺症として残ってしまうことがしばしばです。

 

①肋骨骨折では、身体を起こすことが困難になり

種々の影響により食事・嚥下困難になることがあります。

②腱板断裂では、服の着脱が非常に不自由になることでしょう

③腰痛では、寝返りができず、褥瘡の危険性が増します

 

l_020

 

悪くなった機能は、残存することが多く

なかなか改善することはありません。

 

受傷(痛くなった)直後からきっちり対応することにより

その後の機能維持に繋がる!!

 

介護予防に大変重要なことだと感じております。

 

保険内での施術は、医師の同意書が必要になりますので

当院では、医師に伝わりやすい医学的な観点での書面を

提出させていただきますので

訪問施術をご希望の方は、当院にまずご相談くださいね!!

 

相談はこちら↓

https://yotsuya89.com/contact